医療費控除の確定申告の期間はいつからいつまで?おすすめの時期は?「期限が過ぎた」と諦める前に!

 医療費が高額になったので医療費控除の確定申告をしよう!と思っていたのに、気が付いたらもう今年の確定申告の期間を過ぎていた。。。なんてことありませんか?

期間を過ぎたなら申告できないよね。。。と諦める方もいるかもしれませんね。

そんな方も、諦めてしまう前に今一度この記事を読んで見て欲しいです。

なぜなら、あなたが思っている医療費控除の確定申告の期間や期限が、実は思い違いの可能性があるからです。

この記事では、

・医療費の確定申告の期間はいつからいつまで?

・期限が過ぎた?!医療費控除の期限とは?

・医療費控除の申告におススメの時期は?

について書こうと思います。

 

私の体験も交えながら説明しています。

では、いってみましょー!

スポンサーリンク

医療費控除の確定申告の期間はいつからいつまで?

さて、早速ですが医療費控除の確定申告の期間は

いつからいつまでなのでしょうか?

例年、確定申告の時期と言えば

「2月16日~3月15日」

の日程です。

この確定申告の期間が前年の医療費控除の期間だと

思われてる方も多いようですが、

大きな間違いです!!

実際は、

29年分の医療費控除であれば

30年1月以降(翌年の1月以降)年中

医療費控除の確定申告は可能です。

ですので昨年分であれば

今年の1月から申告が可能で、

一般の確定申告の期限を気にする必要はありません。

 

私も勘違いしていて、

申告しようとしたら4月で諦めていた時に友人に

「一年中できるよ!」

と教えてもらい、

結果5月に申告をしたことがあります。

確定申告の期間(2月16日~3月15日)は確定申告会場、

それ以外の期間は税務署で申告が出来ます。

正直、申告会場で確定申告を行う場合は

「かなり混雑している」ので、

時間に余裕をもって行くようにしましょう。

私が住んでいるド田舎でもかなりの待ち時間ですので、

ある程度覚悟が必要ですね。

でも、

私が医療費控除だけのために申告会場に行った時には、

「税務署でも良かったんですよ」

と言われたことがあるので、

もしかしたら混みあった確定申告会場でなく、

税務署で確定申告が可能かもしれません。

 

2月16日~3月15日に申告される方で、

医療費控除だけの場合は一度税務署に問い合わせしてみましょう。

混雑した申告会場に行かなくても良くなるかももしれません。

期限が過ぎた?!医療費控除の期限とは?

医療費控除の還付申請(確定申告)には、

期限があります。

医療費控除対象の年の翌年から5年間

です。

例えば)

平成29年分の医療費控除を還付請求する場合、

平成30年1月~平成34年12月31日となります。

ですので、一般の確定申告時期(2月16日~3月15日)の前後(1月や4月以降)でも申告が可能ですし、5年間と猶予期間があるので余裕ができますね。

次の年に複数年分、申告するのもアリかもしれませんね。

また、平成30年1月現在で言えば、平成25年~平成29年分の医療費控除の確定申告が可能となります。

もし、過去5年間で医療費控除対象で確定申告していない分があれば、期限までに申告することができるので一度確認しましょう。

私も以前、医療費控除の制度を理解できてなくて、過去の分も医療費控除対象と分かった事があります。

その時、遡って3年分一度に医療費控除の還付請求をしました。

初めての確定申告(還付請求)だったので相当緊張しましたが、領収書だけをまとめて申告会場に行き、書き方など分からない点を教えてもらい申請をしました。

当時、金欠の我が家には、

3年分まとめての還付金となったので、

とっても嬉しい臨時収入になりました!

医療費控除の申告におススメの時期は?

私はもう何年か

医療費控除の確定申告(還付請求)を

5年ほど毎年行っています。

実は「一年中申告可能」と知らなかったため、

いつも混雑している申告会場に作成や提出に行っていました。

提出するだけでも待ち時間が発生していました。

でも、実は一年中申告可能だと知った時に、

税務署に勤めていた知人に

「2月16日~3月15日以外なら、いつ医療費控除の確定申告をしたらいいと思う?空いてる時期っていつ?

と聞いてみました。

答えは、

「確定申告前の1月中がおススメ」

とのこと。

理由は、

・税務署は申告前の方が余裕があり、質問しても詳しく教えてもらえる。

・確定申告開始前に申告すると還付が早い(申告期間に一斉に処理するため時間がかかることが多い)

・申告会場のような混雑は避けられる

とのことでした。

参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

もしかしたら、

「勘違いしていた!」

という方もいらっしゃったのではないでしょうか?

(私もそうでしたので。。。)

昨年分のみならず、

5年前まで遡って還付請求できるので、

以前に医療費控除の対象になる年はなかったのか

もう一度見直してみるのもいいですね。

医療費控除については、

本当に素人では分かりづらいことも多いですね。

医療費控除についての記事を他にも書いていますので、

よければそちらも参考にしてくださいね。

確定申告の医療費控除 保険金の金額の方が多いと対象外!?差引はどこから?証明書や間違いについて
一年間の医療費が10万円を超えると申請できる医療費控除。セルフメディケーションも始まり申請する方も増えると思われますが、いざ申告しようとすると分からない事だらけ。そこで、医療費控除の保険金(入院・手術給付金)はどこから差し引くのか、医療費より多い場合はどうすればいいのか、証明書は必要?、申告後に間違いに気づいたらどうしたらいいのか、などについて書いています。
医療費控除の交通費 乳幼児医療で自己負担や領収書がない場合は?医療費控除明細書は自作がいい?
子供の医療費控除をしようと思ってるけど、乳幼児医療助成で自己負担額が0円の場合って交通費は医療費控除に含めていいいか、私も悩んだことがあります。医療費がタダの場合の医療費・領収書がない場合はどうすればいいのか?今年から提出が必要になった医療費控除明細は自作がいいのか?について書いています。

 

コメント