梅佳代の経歴やプロフィール!結婚した旦那(夫)や子供について!

梅佳代の経歴やプロフィール!結婚した旦那(夫)や子供について!

12/7放送の「SWITCHインタビュー」に

出演される梅佳代さん。

 

作品を見たことがあるのですが

ふとした日常の中にある

普通だけど特別な一枚が

沢山集まっている写真集でした。

 

そんな写真を撮っている人って

気になる~ということで、

今回は、

・梅佳代のプロフィール

・梅佳代の経歴は?

・梅佳代の結婚した旦那(夫)や子供について!

について書いていきますね♪

 

後半に梅佳代さんが出演している

動画がありますので、お見逃しなく!

スポンサーリンク

梅佳代のプロフィール


氏名:梅 佳代(うめ かよ)

生年月日:1981年3月24日

年齢:38歳(2019年11月現在)

出身地:石川県鳳珠郡能登町出身

その他:・同性同名の会議通訳者がいる

・嵐、寺門ジモンの大ファンである

 

アラフォー女性とは思えない

キュートな女性ですね♪

 

もっと生活感あふれる感じの

方だと勝手に想像してましたw

 

イチローに嵐に寺門ジモン。。

好きな人が多いですね~。

 

でも、それが原動力に

なっているように見えますね。

 

同性同名の会議通訳者の方とは

一度お会いしたことがあるそうですよ~。

 

全く同じ名前の人に会うって

どんなきもちなんでしょうね~?

 

私の同性同名の方を探してみたけど

ブラックな経歴の人しかいませんでした。。

梅佳代の経歴は?

梅佳代さんは高校時代、

「イチローと結婚したい!」

と思い、

実現するには?と考えて

プロカメラマンになることを決めたそう。

 

このエピソード、

なんだか微笑ましいですよね~。

 

高校卒業後、

「日本写真映像専門学校」

に入学・卒業します。

 

でも実は専門学校入学前に

フリーの時期があり、

その時に撮影した作品「男子」

「写真新世紀」

で佳作を受賞したらしいです。

 

独学の状態で入賞するなんて、

きっと生まれ持った才能が

あるんでしょうね~!

 

そして翌年にも

「女子中学生」

で写真新世紀の佳作を受賞!

 

2006年に写真家の都築響一さんに見出され

「うめめ」で写真家デビューを果たします。

 

この写真集『うめめ』は

第32回木村伊兵衛写真賞を受賞!

 

この頃には、

日本だけでなく世界でも認められる

写真家になっていたようです。

 

テレビや雑誌にも取り上げられるようになり、

これまでに数々の仕事に取り組まれています。

 

気のせいか、「イケメン」や「アイドル」の

写真を撮っているイメージがあります。

 

特に有名なのは「嵐」のカレンダーです。

 

梅佳代さんは嵐の大ファンなので

撮影していて気持ちが舞い上がった!

なんてエピソードもありました。

 

その他にも

・佐藤健さん

・ディーン・フジオカさん

・小関裕太さん

・私立恵比寿中学

などの写真を撮られていましたよ~。

 

うらやましい。。。

 

イチローとの結婚はかないませんでしたが、

嵐のカレンダー撮影もできたし

カメラマンになる作戦はあるいみ成功ですね♪

スポンサーリンク

梅佳代の結婚した旦那(夫)・子供について

梅佳代さんのプライベートですが、

お子さんを出産されたとの情報はあるのですが、

旦那さん(夫)についての情報は

皆無でした。。。

 

お子さんを出産された事は

間違いないようですが、

結婚については不明です。

 

何か情報が入ったら

お知らせしていこうと思います。

 

ほぼ日刊イトイ新聞では

梅佳代さん自身がお母さんになった、

出産時のお話も詳しくされてますね~

 

10年たったら、梅佳代さんがお母さんになった。/ほぼ日刊イトイ新聞

 

ムチムチでとっても可愛い

お子さんの写真もありましたので

気になる方は見てみて下さいね!

「町田啓太と仔猫」 写真家・梅佳代が撮影!

梅佳代さんの作品をご紹介します!

昭和な時代の子供達を思い出しちゃいました♪

 

時を経ても変わらないおじいちゃん。

おじいちゃんに会いに行こうかな。。

この作品でデビュー!必見の一冊です♪

キャー♪ファンにはたまらない魅力満載です

 

まとめ

今回は「梅佳代」さんについて

書いてみました。

 

若いころから才能を発揮していた

梅佳代さんですが、

孤高の天才!とかじゃなくて

親近感のある凄い人でした。

 

子供を出産された梅佳代さんが

今後どんな作品を撮っていくのか

注目していきたいと思います!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント